100切りゴルフ

ゴルフで100切りを達成するのに有用な情報を書いていきます。

100切りゴルフ上達法

ゴルフにおける100切りはアマチュアゴルファーにとっての一つの大きな目標といわれているそうです。知人のゴルフに付き合うこともありましたが、100を切るのは知人も難しいと言ってました。

とはいえ、何かコツみたいなのがあるのではないか?と疑問が出てきたので、調べてみたら、やっぱりコツみたいなのはあるみたいです。

それがまとめられた商材もみつかりました。

【送料無料】100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム【100切りゴルフ】

これだと3か月程度で100切り達成できるとしているみたいです。これにのっとりやるのも有効打だと思います。自宅でプロのレッスンを受けられるので、自分のペースで練習できるのも利点だと思います。

で、冒頭のコツというものについて調べてみたら5つポイントがあるそうです。

1.ダブルボギーでOKと考える。
→ダブルボギーを18ホールで取ると108打で、9つボギーを取ることで-1されるので、99打となり、100切り達成できる

2.パット数を減らす
→18ホールラウンドし、1パット数を減らすとトータル18打減らせるので、100切り達成には有効。ここで2打目を想定して打つことをイメージして打つ。1打目を外しても、2打目で入るようにイメージする感じ

3.ドライバーを使わない
→飛距離アップにドライバーは有効だが、100切りにはOBを防ぐ観点から、むしろショートウッド、ユーティリティなどの方が向いている

4.秘密のスコアカードを使う
→これから使うスコアカードに過去10回のうち、過去最悪のスコアを書き込み、100切りに臨むことで、向上心がわいてくる

5.2つのメンタル術を身に着ける
【1】悪いイメージを打ち消す術
→わざとトラブルなどの状況を思い描き、それをイメージの中で過激に消し去る。
例えば、イメージの中で悪い状況を粉々に打ち砕く、など。
【2】怒りの気持ちをおさえる術
→ゆったりと深呼吸するゴルフ場は景色が良いところなので、それを見ながら深呼吸をすることで落ち着きを取り戻しやすい。

この5つがコツというかポイントだということがわかりました。これらを意識することで100切り達成に近づけるということは伝わってきました。

このポイントを意識しつつ、上記で紹介した自宅でプロのレッスンを見て実践していくと、100切りが近づいてくるのではないかと思います。