ゴルフクラブ

ゴルフクラブについて有用な情報を書いていきます。

ゴルフクラブ 選び方

よくテレビなどでゴルフクラブを複数本持ち運んでいるシーンが出てますが、複数本持つ理由は飛距離の問題みたいです。飛距離は打ち込むたびに目標距離数は減っていくので、クリアしようとする残距離に応じて、ゴルフクラブも変えていくために、複数本あるということがわかりました。

これからゴルフをする場合はドライバー、アイアンセット、サンドウェッジ、パターあたりがあれば、大丈夫という情報もありました。

ゴルフでは一応ゴルフクラブが持てる本数の限界が決められていてその本数が14本までというルールなるものがあるそうです。ただ、本数に限度があることから、複数種あるゴルフクラブからどれを選ぶか?という点が気になったので調べてみました。

最初はアイアンセットがいいという情報がでてました。これはゴルフクラブの中では性能面で中間に位置する基本クラブになるそうです。ここからドライバー、ウェッジ、パター、ユーティリティ、フェアウェイウッドの順に買い揃えていくのが常套パターンみたいです。

そして選び方については種類が違うクラブに持ち替えた際に違和感の有無が基準になることも調べ行く中でわかってきました。一定の振り心地のクラブを選ぶことで距離感、方向性が良くなり、結果的にスコア向上につながるそうです。

【まとめ】
・ゴルフクラブを買い揃える順番について:
アイアンセット→ドライバー→ウェッジ→パター→ユーティリティ→フェアウェイウッド

・選び方について:
種類が違うクラブに持ち替えた際に違和感がないものを選ぶ

この2点がゴルフクラブを選ぶポイントというわけですね。
 

ゴルフクラブ 種類

ゴルフクラブにはいくつか種類があり、主要なのはアイアン、サンドウェッジ、パターなどがあります。

ゴルフについての知識習得のために購読しているメルマガより、アイアン、サンドウェッジ、パターについてのそれぞれの特徴について解説してくれてました。

【1番アイアン、2番アイアン】

1番アイアンはドライビングアイアンと呼ばれ、飛距離が出るが扱いが難しい

【3番アイアン】

1番アイアンと同様に扱うのが難しく、ほかにユーティリティ倶楽部があるために、アマチュアで使われることはなくなった。

【4番アイアン、5番アイアン、6番アイアン】

ミドルアイアンに属し、この中でも5番アイアンが一番よくつかわれているとのことです。

【7番アイアン、8番アイアン、9番アイアン】

ショートアイアンと呼ばれ、7番アイアンから練習を始めるアマチュアゴルファーも多く、アプローチなどにもよくつかわれる

【ピッチングウエッジ、サンドウエッジ】

ピッチングウエッジはグリーン周り寄せに主に使われ、サンドウエッジはバンカーショットに使うのが主ですが、アプローチに使うことも多いクラブ

【パター】

グリーン上、グリーン周りで転がすことが専門のクラブ

こんな感じでした。4番よりも若い数字のアイアンは扱いがかなり難しいことが伝わってきたので、7番スタートしてそこから4番アイアンに入っていく感じだと思います。

ウエッジやパターはプロ、アマチュアに共通して使われるみたいですどちらかというとケースバイケースで使っているみたいです。

正直、同じアイアンでもこれだけあるのは驚きました。ただ番号によって使いやすさがかなり違うので、選ぶときにそのあたりを留意する必要がありそうです。
 

【ゴルフパートナー】